積み木の家

M&Aの仲介は信頼の置ける業者に任せるのが大正解

賃貸経営に安心をもたらす

模型とお金

家賃債務保証とは、賃貸住宅において家賃等の滞納が発生した場合、家賃保証会社が入居者に代わって支払いを行うサービスです。オーナーにとっては経営の安定化に資するうえ、日常的な家賃収納業務を省力化できるというメリットがあります。

詳細

オススメリンク

  • 信頼できるM&A仲介会社を探すために

    M&Aで仲介会社を探している人は必見になります。信頼できる場所を探しているならここを必ずチェックしよう。

安全な会社の動かし方です

スーツの男性

生き残りをかけた闘い

今となっては当たり前のように行われている企業の合併や買収、すなわちM&Aですが、その背景には自由競争によるサバイバルゲームが繰り広げられてきていました。とりわけ、中小企業は事業の後継ぎ問題が目立っており、会社の存続をかけて、事業の譲渡がなされる事が多いです。企業は、各業界で存続をするために有力企業との合併や買収を望んでおり、そのほとんどが友好的なものとして位置付けられています。しかし、中には企業の買収などを望む提案者が、買収などを反対する会社経営陣と対立しながら企業の買収などを強行する、敵対的M&Aも存在するのです。このような問題や、その他の課題と向き合い、企業に対して助言や仲介を行う者をM&Aアドバイサーといいます。M&Aアドバイサーは企業の合併や仲介を行う専門家として、財務会計や税務、法律、経営など幅広い知識を持っています。最近では仲介業者からなるM&Aを専門とした仲介会社も増加しています。

会社が専門家を審議

まさに企業内戦争とも言える、敵対的なケースを示しましたが、企業が安全に円滑に合併や買収を行う上でM&Aアドバイサーは必要不可欠です。では、どのような流れで手続きが行われるのかと申しますと、まず合併や買収を希望する企業はM&Aアドバイサーと仲介契約を交わします。その後、基本合意契約書や仲介業者から企業への提案書の作成を経て、最終譲渡契約書でクロージングします。しかし、企業側は何でもかんでもM&Aアドバイサーと名が付く者に飛びついてはいけません。なぜなら、不動産の宅地建物取引業法などのように、M&Aアドバイサーを取り締まる法律は存在しないからです。これは、M&Aアドバイサーの資格を有しない者が、企業の合併や買収を行えてしまう事の裏返しであり、仲介を依頼する際は、注意をして業者と接触をはかる必要があります。

少額不動産投資が実現

女性

みんなで大家さんは、2か月に1度利益分配金を受け取れます。一口100万円と少額から投資が可能となります。不動産賃貸料をみんなで分け合い分配しますので、想定利回りを下回ったことはなく安定した運用を実現しています。

詳細

不動産投資を成功させる

内観

安定性の欠けている投資対象は、少なからずリスクがあります。周囲から影響を受けることで、投資対象の価値が損なわれる可能性があるからです。しかし、土地付き太陽光発電を利用すれば、安定性のある投資活動を実践できます。

詳細