賃貸経営に安心をもたらす|選択を誤ると後々大変|M&Aの仲介は信頼の置ける業者に任せよう
スーツの男女

選択を誤ると後々大変|M&Aの仲介は信頼の置ける業者に任せよう

賃貸経営に安心をもたらす

模型とお金

家賃の徴収漏れを回避する

近年、賃貸住宅を経営するオーナーの間で人気を集めているサービスに、家賃債務保証があります。家賃債務保証とは、入居者が何らかの事情で家賃等を支払わなかった場合に、第三者が代位弁済を行うサービスです。一般には、家賃保証会社という専門事業者がこれを手がけています。家賃収入の安全な確保は、賃貸経営における最も重要なテーマです。すべての入居者が所定の期限までに家賃を納入してくれればいいのですが、実際には思い通りにならないこともしばしばです。長期にわたって滞納が続いたり、中には未払いのまま行方をくらましてしまう人も出てきたりします。そうした事態が重なると、やがては経営の不安定化を招くことになります。家賃債務保証はこのような経営リスクを回避できるサービスなのです。

事務の負担軽減にも役立つ

入居者が家賃等を滞納した時は、従来は連帯保証人に弁済を求めていました。しかし最近では高齢の入居者が増加したことなどもあり、契約時に適当な連帯保証人がいないというケースが増えています。家賃債務保証は、このような現状に対応して生まれたサービスです。つまり家賃債務保証は、身近に連帯保証人にふさわしい人物がいない入居者にとってもメリットのあるサービスであると言うことができます。このサービスが実際に適用される場合、通常は家賃保証会社が入居者から毎月の家賃を受け取り、それをオーナーに納付するという形式をとります。つまり滞納があるかないかに関わらず、支払いは保証会社経由ということになるわけです。このことから、家賃債務保証は一種の家賃収納代行サービスであるととらえることもできます。